ご連絡いただき誠にありがとうございます。

PRIMES Japan 株式会社
〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜2-3-4
クレシェンドビル7F
Tel 045-620-9377

連絡先

連絡先

パスルレーザ又はCWレーザで溶接又は半田、マクロ加工又は微細加工であるか否かを問わず、高光強度でもPMMは測定ができます。PMMは生産環境で直接その固定位置から現在のレーザパワーを測定し、産業材料加工の一貫して高い品質を保証します。

用途

水冷及びコンプレッサーエアーが不要で、信用性の高いパワー測定システムのPMMは固体レーザ用で自動化した生産において多種多様なアプリケーションに最適な測定器です。フィールドバスインターフェース経由でシステムコントローラに最適にインテグレートすることができます。これにより製造中や本番環境にて完全自動でパワーをモニタリングや文章化することができます。

 

原理

 

PMMはカロリーメータ方式です。その為規定時間レーザを照射する必要があります。ほんの数秒の照射で吸収体の熱容量、温度上昇、照射時間の3つのパラメータによりパワーを計算することが可能です。測定結果自体にビームサイズやビーム照射位置による影響はありません。正確に照射時間を測定することでさらに信頼性が高まります。PMMは空冷なので水冷やコンプレッサーエアーが不要です。吸収体は外気の熱伝導を利用して冷却されますが、システムの測定回数には限りがあります。システム管理者が吸収体の温度情報を基に次の測定が可能か判断します。入射口のメカニカルシャッターや保護窓により測定装置を汚染から保護します。

新吸収体により最大パワー密度は4kW/cm2になりました。

実用レベル

PMMは製造工場又はレーザ加工を専門にしているエンドユーザー向けに開発されました。PMMは自動車製造工場にて固体レーザ(Nd:YAGレーザ、 ファイバーレーザ、 ディスクレーザ又はダイオードレーザ)で車体を溶接する際に使用できます。システムはロボット化し、一時休止や予備時間にレーザパワーをモニタリングできます。測定時はレーザ加工ヘッド付きのロボットがPMMの測定位置に移動し、デフォーカスビームで測定します。

工業用パワーメータPMMはマクロ加工や微細加工でも使用可能です。オプションで測定範囲を低出力パワーから中出力パワー又はパルスレーザまで広げることができます。波長は900-1090nm、最大入力パワーは12kWのレーザを0.3秒程度で測定します。

 

測定工程

PMMはシステムコントローラを使用して操作します。測定工程は3段階あります。

1.測定準備:シャッターを開き、ロボットヘッドがPMMの測定位置に移動します。

2.測定実行:パルスレーザを発振し停止します。

3.測定評価:ロボットが移動し、「測定終了」の信号受信を待ちます。

主な利点

1. 測定工程の時間短縮:測定時間を短縮することで、ロボット停止時間が短くなります。

2. カスタムデザイン:システムコントローラを使用し、自分のニーズに合わせた測定結果の項目を最適に構成することができます。使用するフィールドバスによりデータの転送方法が異なります。

3. 複数のモデルとオプション:照射時間測定機構と保護窓カートリッジは標準装備なので、ツールなしで素早く交換が可能です。下記から一つ選択してください。

  • 低出力パワーから中出力パワー(50W)及びパルスレーザ向け
  • PROFINER銅線
  • PROFINETグラスファイバー
  • ROFIBUS
  • Ethernet/IP
  • EtherCAT
  • DeviceNet