ご連絡いただき誠にありがとうございます。

PRIMES Japan K.K.
Crescendo Building 7th floor 2-3-4
Shinyokohama, Kohoku-ku
Yokohama-city, Kanagawa 222-0033
Tel +81 45 620 9377

連絡先

連絡先

全自動パワーモニタの実現に向けて
PowerMeasuringModule(PPM)により、生産現場、生産システム内でのレーザパワー測定が実現できます。各種フィールドバスインターフェースにより、PMMは装置制御コントローラに簡単に接続可能です。全自動パワーモニタが実行され、装置制御コントローラに直接接続されます。これはレーザー生産の品質保証に不可欠な、製造中のビームモニタリングの基本となります。

生産現場で

PowerMeasuringModule(PPM)は、レーザ生産に特化したユーザに適しています。自動車製造現場で多く使用されています。自動車の車体は、レーザ使用のロボットで溶接されています。(使用レーザ:Nd: YAG、ファイバ、ディスク、ダイオードなど)。

レーザパワーは、製造を一時休止させてモニタリングされます。ロボットがPMMの測定位置に移動します。デフォーカスビームで測定します。

PowerMeasuringModule(PPM)は、固体レーザによる自動生産の多くのアプリケーションに適します- マクロプロセスだけでなくマイクロプロセスにも適します。PMMの用途は、低平均パワーのパルスレーザなどにも拡がります。

測定方法 – 原理

PowerMeasuringModule(PPM)は、レーザパワーを熱量測定します。レーザ吸収体は一定時間レーザ照射を受けます。吸収体の熱容量および露光時間に対する温度上昇率により、レーザパワーは数秒間で計算されます。露光時間測定により、レーザパワー測定結果の信頼性は上がります。

測定結果はビーム径やレーザ照射位置に依存しません。吸収体は周囲の空気への熱伝導により冷却されます。このため測定周期は制限されます。生産設備の管理者は吸収体の温度情報を入手し、新たに照射頻度を決定できます。

ビーム照射部分の機械的閉鎖機構と保護ガラスによる測定装置の防塵により装置は保護されています。

吸収体の最大パワー密度は 1.5 kW/cm²です。


高速測定シーケンス
PowerMeasuringModule(PPM)を、産業用ロボット設備に導入する主たる目的は、パワー測定に要する時間を可能な限り短くする事にあります。理論上、ロボットの停止時間は、PowerMeasuringModule(PPM)にレーザ照射する時間まで短縮可能です。


測定結果の表示
測定結果はシステム制御レベルで表示されます。データ転送はフィールドバスシステム適合です。

測定可能レーザビーム

固体レーザの平均出力測定:

  • 波長:780–1090 nm
  • 最大レーザパワー:12 kW
  • 測定時間、標準l:0.3 s
  • 最大パワー密度にもご注意ください

操作方法

PowerMeasuringModule(PMM)は、システムコントローラを通してのみ操作可能です。パワー測定のシーケンスは3つのステージに分割されます。

  1. 測定準備
  2. 測定継続
  3. 測定評価

モデルとアクセサリ

標準装備として、PowerMeasuringModule(PMM)には露光時間測定機構と、保護ガラスカセットが提供されます。以下のモデルを用意しています。

  • PowerMeasuringModule (PMM) + PROFINET®
  • PowerMeasuringModule (PMM) + PROFINET® fiber optics
  • PowerMeasuringModule (PMM) + PROFIBUS®
  • PowerMeasuringModule (PMM) + EtherNet/IP™
  • PowerMeasuringModule (PMM) + EtherCAT™
  • PowerMeasuringModule (PMM) + DeviceNet™
  • PowerMeasuringModule (PMM) 低平均パワー(50 W)パルスレーザ用


アクセサリ
以下の部品をPowerMeasuringModule(PMM)のアクセサリ、交換部品としてご用意しています:

  • 保護ガラス + 保護ガラスカセット
  • 保護ガラス(10枚セット)
  • 保護ガラス(1枚)