ご連絡いただき誠にありがとうございます。

PRIMES Japan K.K.
Crescendo Building 7th floor 2-3-4
Shinyokohama, Kohoku-ku
Yokohama-city, Kanagawa 222-0033
Tel +81 45 620 9377

連絡先

連絡先

あなたの手の平にパワーを

Cubeは固体レーザのパワー測定のために設計されました。レーザ加工ではパワーが加工結果を左右するキーパラメータの1つになります。加工品質は、パワーロスにより深刻な影響を受けます。レーザパワーが加工現場内、あるいは、その周辺で測定されるべき理由はここにあります。

モバイルそしてコンパクトなCubeにより、現場のレーザヘッド直下でのパワー測定が実現されます。

Cubeは、毎日の生産現場でのレーザパワーモニタリング用に設計されています。コンパクトな設計により、標準サイズの測定器の設置が困難な狭い場所でも測定可能です。また、衝撃や振動に対して防御設計されており、高密閉設計による防塵対策も施されています。さらに測定結果などを表示する液晶画面が組込まれています。電源はマイクロ-USB充電のリチウム電池を使用しています。

Cubeにはリングバッファが内蔵してあり、14個のレーザ測定結果が保存され、最終測定値は画面に表示されます。リングバッファは大容量で、BluetoothあるいはLaserDiagnosticSoftware(LDS)でアクセスできます。

測定原理

熱量測定システムの吸収体は短時間レーザ照射を受けます。レーザ照射スタート時と終了時のレーザ吸収体の温度変化を測定します。温度上昇より、マイクロプロセッサーベースの電子機器は高精度にレーザパワーを計算することができます。インターロック信号は吸収体のオーバーヒートを防ぐため、レーザービーム照射を強制的に中止するために提供されます。当信号の使用を強く推奨いたします。

測定可能レーザ

Cubeは照射レーザエネルギと照射時間を測定します。レーザパワーの測定精度は± 3%、再現性は ± 1%です。Cubeの使用環境温度は +15 °C から +40 °C です。

レーザのためのシステムパラメター

  • 波長:900 – 1090 nm
  • パワーレンジ:25 – 12000 W(平均出力)
  • 測定時間= 0.1 〜 2秒

レーザパワーと照射時間は測定に密接に結びついています。

NEWパワーパック:Cube(キューブ) L

ハイパワーアプリケーションのための新モデル:Cube Lで、簡単に最大20kWまでファイバーレーザ、固体レーザのパワー測定が可能になります。