ご連絡いただき誠にありがとうございます。

PRIMES Japan K.K.
Crescendo Building 7th floor 2-3-4
Shinyokohama, Kohoku-ku
Yokohama-city, Kanagawa 222-0033
Tel +81 45 620 9377

連絡先

連絡先

レーザは、処理タスクにおいて直ちに利用されている、レーザレーザ照射の放出なしに、全負荷の下(サービス、特別捜査モード)時々操作されます。このような場合、レーザ照射の99%以上が吸収される必要があります。多くのビームソースはそのため、PRIMESアブソーバを含んでいます。

機械プロセスがレーザレーザ照射、またはレーザ照射を完全に吸収しないレーザ素材処理システム、または、レーザ照射を回収する必要のあるシステムは(例えば、ワークピースの切り替えなど)、同様な課題を抱えています。

PRIMESアブソーバは、ビームダンプとしてこのような例において使用されます。レーザレーザ照射がほとんどの場合においてレーザビーム解析内で完全に吸収しないため、多くの特別ソリューション(例外:レーザパワー測定)が使用され、人員または機械の安全性を保証するために、さらに必要となり、または解析システムにインテグレートされます。

レーザ技術における使用の、このようなOEMアブソーバは水冷式で、フローレート及び冷却水の温度は外部から管理される必要があります。高パワーアブソーバのモニタリングは、常にレーザまたはレーザシステム内の安全回路の一部です。

概要

アブソーバ V40

  • I最大:6 kW/cm²
  • P最大:8 kW
  • 開口部:40 mm
  • 反射:< 1%
  • 特性:CO2 または近赤外光

フラットなアブソーバ

  • I最大:1.0 kW/cm²
  • P最大:10 kW
  • アブソーバ:120 x 88 mm
  • 特性:CO2 + 近赤外光において、最低の高さ20mm

 

パワーアブソーバ

  • I最大:15 kW/cm2
  • P最大:8、30 kW
  • 開口部:48、100 mm
  • 反射:< 0.5%
  • 特性:CO2 または近赤外光

 

アブソーバ V80 S

  • I最大:5 kW/cm2
  • P最大:12 kW
  • 開口部::56 x 80 mm
  • 反射:< 1%
  • 特性:CO2 または近赤外光

 

ダイオードバーアブソーバ

  • I最大:4 kW/cm2
  • P最大:15 kW
  • 開口部:200–1500 × 50 mm
  • 特長:ダイオード、ラインフォーカス用


あなたの使用の、最適なアブソーバに関してアドバイスできて光栄です。カスタムデザインも可能です。