ご連絡いただき誠にありがとうございます。

PRIMES Japan 株式会社
〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜2-3-4
クレシェンドビル7F
Tel 045-620-9377

連絡先

連絡先

AM(付加製造)は従来の機器製造工程に組み込むことで有用となります。成長が早く、産業応用が高いこのテクノロジーを使用することにより、高品質及び低価格で生産性の高い機器の需要が増加しています。ほとんどのシステムメーカがこの傾向を掴み、すでに最大4つのレーザを同時に測定することにより、効率が最大80%上がったことが分かりました。

 

Cube M

しかし、このような理論的に可能なシステムの効率の向上は、通常非生産的時間では必要経費が軽視されます。例えば4つのレーザを定期点検する場合、1つ点検するより最低4倍以上の仕事があります。システムの理論的に可能な効率とは反対である貴重な生産時間です。仕事量を増加する又は重要な品質管理の点検を限定して行う代わりに、まさにこの目的のため開発したCube Mを使用することをお勧めします。

 

Cube Mを全てのレーザが重なる場所の中心に設置します。ビルドプレイトを下げずに集光点近傍で測定を行います。お客様の操作状況(最大出力、最大入射角:±20度)のもとパワー測定を行うことができます。Cube Mは自律型センサーで、水冷や接続コードは不要です。個々のサービスプログラムでスタートし、測定後ノートパソコン又は携帯機器に測定値をアップロードすることができます。

お客様のシステム状況を特定するだけでなく、レーザツールの状況を文章化することもできます。

SFM

PRIMES社はScanFieldMonitorを開発し、特に市場が拡大し要望の高いスキャナーベース向けの測定プロセス(SFMに使用)の特許を取得しました。この新しいシステムは集光点、半径、レイリー長などのようなパラメータを測定するだけでなく、レーザシステム内のダイナミクスについてさらに重要な情報も表示できます。

PRIMES社はレーザビーム特性の測定方法を保護するUS特許10,184,828を取得しています。SFMは容易にこの方法を実行することができる高度なツールです。

 

FMW+ と MSM-C

FocusMonitor FMW+ や the MicroSpotMonitor-CompactもAM向けに開発した装置です。この2台の装置は狭い場所でも包括的なビーム診断を行うことが可能です。