ご連絡いただき誠にありがとうございます。

PRIMES Japan K.K.
Crescendo Building 7th floor 2-3-4
Shinyokohama, Kohoku-ku
Yokohama-city, Kanagawa 222-0033
Tel +81 45 620 9377

連絡先

連絡先

レーザ、つまりビーム源は、連続高パワーの電界で、 CO2 または NIR レーザ (ファイバ、ディスク、 Nd:YAG またはダイオードレーザ) に必要なほとんどの部品をレーザ加工する場合、中心となるコンポーネントです。

ビーム源のメーカ及び購入者にとって、上記の製品が承認されているかどうかは非常に重要なことです。品質保証の基準を上げることができるビームパラメータの測定は、現在、社内の品質検査またはクライアントのプラントにおける試運転に欠かせない要素になっています。特にレーザパワー、ビームの波長及び生ビームのビーム位置、焦点及びビームの質が重要です。

主なアプリケーション

レーザパワーメータは、例えば、PowerMonitor、PM またはCompactPowerMonitor、CPMなどの連続運転の際に使われます。
BeamMonitor は、生ビームの検査に利用できます。LaserQualityMonitor を使用すると、ビームの質に関してより詳しことがわかります。
社内の受入れ検査やカスタマの施設での受け入れのなどに、レーザメーカは、FocusMonitor と PowerMonitorを組み合わせて使っています。
但し MicroSpotMonitor も適したアプリケーションに必要とされています。
これは、ビーム解析がビーム源メーカにとってメリットがある製品受入れの場合だけではありません。アフターサービスにも、測定システムは重要な役割を担い、最新の状態に更新できます。