ご連絡いただき誠にありがとうございます。

PRIMES Japan K.K.
Crescendo Building 7th floor 2-3-4
Shinyokohama, Kohoku-ku
Yokohama-city, Kanagawa 222-0033
Tel +81 45 620 9377

連絡先

連絡先

PRIMESのレーザビーム測定測定デバイスは、数多くのセクタでの使用があります。製造業界で直接用いられるセンサや測定デバイス、特に工業使用に活用できるものの開発が期待されています。

システム工学

レーザシステム工学を利用して、ビーム源とレーザ使用の間に生じる溝を埋めることができます。生産の品質は、ビーム特性の影響を受けます。ビーム分析は、この目的に必要なビームパラメータを提供します。これは、品質及び生産性のプランニング、プラントのレイアウトと品質のモニタリングの基盤となります。

詳細はこちら

自動車産業

自動車業界のメーカ及び供給業者は、大量生産だけでなく、重要な部品の生産プロセスに、関連するレーザビームパラメータのモニタリングを導入しました。導入後数か月以内には、サービスの延長、製品の品質の安定化、欠陥部品の減少及び返品回避による利益を享受しました。

詳細はこちら

レーザ製造業

レーザ、つまりビーム源は、レーザ加工において中心となるコンポーネントです。連続高パワーの分野では、主にCO2 またはNIRレーザ (ファイバ、ディスク、 Nd:YAG またはダイオードレーザ)が使用されます。

詳細はこちら

付加製造/SLM

現在、レーザ技術の分野で急成長する市場の一つとして、付加製造の分野がありますが、特に選択的レーザ溶融 (SLM)が注目されています。

詳細はこちら