ご連絡いただき誠にありがとうございます。

PRIMES Japan K.K.
Crescendo Building 7th floor 2-3-4
Shinyokohama, Kohoku-ku
Yokohama-city, Kanagawa 222-0033
Tel +81 45 620 9377

連絡先

連絡先

歴史 –学生ベンチャーからハイテクビジネスへ

PRIMESは1992年に設立され、レーザビームの基準を設定しました。今日、PRIMESは24ヶ国で流通を行い60人の従業を共に、レーザ測定における一流企業の一つです。

ダルムシュタットの物理学の学生と共に、80年代諸島にPRIMESの物語は始まりました。ラインハルト・クラメールとヨアヒム・フラネクはハイパワーレーザの研究を行っており、(今日ダルムシュタット大学である)ダルムシュタット工科大学において、応用物理学のヘルツイガー教授の下、学士号の論文を書きました。ヘルツイガー教授はアーヘンに1985年、レーザ技術で有名な有名なフラウンホーファー研究機構を設立し、クラメールとフラネクは彼の道に続いて応用研究を行い、他のエリアと共に、CO2 レーザビームに関するリチャード・クラメールの博士号に取り組み、1991年、「レーザ技術におけるアーヘンの論文」シリーズを発行しました。

1992年、クラメールとフラネクは資金と特許の問題があるにも関わらず、市場にレーザ分析に関する測定デバイスの開発のビジョンと共にPRIMESを立ち上げました。これは、クラメールの博士課程の間に作られたビーム解析プロセスに関する基本的な特許が、他の会社により所有されていたためでした。

製造測定技術からの名前であるPRIMESは、チェーンソーメーカへのサテライトセクション切断により財政的に何とか事業を行っていました。このデバイスは、使用済みCO2 レーザとxy-ステージを含んでいました。このようにして発生した金銭と共に、測定デバイスの開発はさらに発展しました。正しく実行しなかったレーザビームに関するトラブルシューティングは、その後の成功の基礎を提供しました。

少しづつ、ビジョンが現実となり、まずFocusMonitorがレーザメーカ、プラントエンジニアリング、レーザユーザにより非常に良い評価を得て、市場でそれを証明しました。ビーム分析デバイスを製造しているPRIMESは、それまで注目されなかった問題を明らかにしました:高品質のレーザは当時一定した品質を提供できなかったため、好ましいものではありませんでしたが、最終的にはクライアントに役立つ解析となりました。

1996年、二人の創設者は違う道を歩み、リチャード・クラメールがPRIMESを完全に引き継ぎました。

1994年の4人の従業員から、PRIMESは2004年には18人にまで増加しました。同年、以前会社があった敷地が放棄され、Pfungstadt-Hahnに新たな近代的なビルに移動しました。当社は急速に成長しました。CO2 レーザから構成される試験環境は、ファイバによるNd:YAGレーザにより追加され、測定デバイスは新たな波長に適応されました。

当社は、国際的な流通ネットワークと共に世界中からの需要に反応しました。近隣のEU諸国に続き、日本、アメリカ、中国の市場を開拓しました。現在、ヨーロッパ、アメリカ、アジアに三分の一づつ輸出されています。

さらなる開発において、各種レーザのタイプ及び波長に関する多くの流通とパワー測定に関するデバイスが開発されました。当社の創設者であるKramerは、独自の校正ラボを設立し、今日ではあらゆる測定デバイスに関する100%の試験、及び校正に関する多くのビームソースを使用しています。そして、1 kWパワー以上の5レーザ及び1 Wと1 kWの間の7レーザの合計が操作されています。

研究と生産スペースのニーズは急激に高まり、2006年、300㎡までの敷地が追加され、2012年、さらに1000㎡が追加されました。2012年の拡大事業において、レーザ冷却システムは持続性のため再設計されたため、廃熱がビルの暖房に使用されています(エネルギー効率)。
細菌では、PRIMESはセンサーおよび測定装置の開発にますます焦点を置き、製造において直接用いられています。会社はレーザセクター、システムエンジニアリング、自動車産業、および研究機関からの顧客にアドバイスをし、せいひんを供給しています。