ご連絡いただき誠にありがとうございます。

PRIMES Japan K.K.
Crescendo Building 7th floor 2-3-4
Shinyokohama, Kohoku-ku
Yokohama-city, Kanagawa 222-0033
Tel +81 45 620 9377

連絡先

連絡先

自分たちのためのイノベーション

レーザは冷却が必要であり、人々は暖かさが必要です:PRIMESが2012年に別館を建築したとき、その目的は最大の持続可能性を達成することであり、そのたタンク、ソーラーシステム、コンクリートコアの活性化と共にエネルギー効率のための最新技術を採用しました。結果は冬の間ネルギー概念の結果であり、レーザの廃熱を使用し、例えば、タンクにおける冷水の蓄プロダクト、及び暖房の目的のためです。(ほとんど)暖房と空調がない1,000㎡のビルの利用できる空間は、その結果です。エンジニアにおける素晴らしい努力です。環境にやさしく、効果的です。

2つの25㎥水槽のうち1つの冷却デバイスからの熱。
二つの25立方メートルの一つの冷却の設置からの熱。

レーザのための冷却の生成

PRIMESレーザの非常に異なる冷却要件について、二つのタンクはビルの詩都側の地上に沈みます。それぞれのタンクは、冷水25立方メートルを保存できます。

熱がビルの暖房に必要な場合、ヒートポンプはタンクから取り出し、暖房回路に利用できます。ヒートポンプ14kWの熱パワーのみ持つことができます。しかし、暖房期間の実行時間が長いため、十分に冷たい水が生成され、短期間に100KWを遥かに超える冷却容量が利用できます。夏には、ヒートポンプは外部の空気に熱交換を通じて、熱を開放します。

ビルの暖房と冷却

すべての暖房と冷却は、天井のコンクリートコアの活性化から生じます。この方法は、コンクリートコア温度コントロールとも呼ばれ、熱エネルギを保存するためにビルの天井/壁の容量を利用し、部屋を暖めるか冷やすために利用します。

送水管は15㎝程度の間隔で、天井のコンクリートに埋められ、これは水の流れの方法として、コンクリートを温め、または冷却できます。冬の間、循環水はヒートポンプと共に23℃まで温めます。これは、部屋をベースとした暖房管理の必要性をなくします。水槽が外部の温度が低い間に十分に熱を提供できない場合、ガス暖房は追加の熱を提供します。それぞれの暖房の季節において、平均20,000kWhの廃熱を回収できます。

夏の間、コンクリートコアの活性化の水はタンクの水から冷却されます。このように、快適な室温が高額であり、エネルギー集約型の空気調和がなくても達成できます。

暖房または冷房:ビルの天井におけるコンクリートコアの活性化からの送水管
暖房または冷房:ビルの天井におけるコンクリートコアの活性化からの送水管

ビルの暖房と冷却

Shetの部屋とインストールの南側の方向により、51 kWpの太陽熱発電システムを設置することが可能です。発生した50,000 kWhの内、PRIMESは自社の仕様のため約35,000が必要です。

素晴らしい結果

大きなバッファー記憶デバイスからの熱回収を伴う熱と冷却の組み合せにより、エネルギー消費は大きく削減されています。喜ばしい副作用として、クーリングプラントにおける投資を削減することが可能となりました:すべてのレーザを操作する100kWの クーリングパワーを設置する代わりに、わずか12kWのクーリングパワーが設置されました。